マタニティケア鍼灸

マタニティケア鍼灸のことなら大阪,心斎橋の美容鍼サロン ボディコンディションへ

大阪 心斎橋 マタニティ鍼灸

大阪・心斎橋のある美容鍼サロン ボディコンディションです。
ボディコンディションでは、妊娠中・マタニティケアに鍼灸施術を受けていただくことが可能です。妊娠中には時期により様々なお身体の不調が出てくると思いますが、「薬も使えない」「マッサージなどの施術も引き受けてくれるところがなかなかない。」こんなお悩みが多いかと思います。当サロンにも多数そのようなお客様がいらっしゃいました。
そんな方々にも安心・安全にマタニティ鍼灸を受けていただけるように「女性のための健康医療研究協会」認定のレディース予防医学指導士・マタニティケア鍼灸師の資格を保有しております。
妊娠中の「肩こり」「腰痛」「つわり」「むくみ」「倦怠感」「逆子」などのお悩みをお持ちの方、お気軽にご相談ください。

※マタニティ鍼灸はネット予約のメニューにはございません。LINEまたはお電話よりお問い合わせくださいませ。

“ライン予約”

マタニティケアと一般鍼灸の違い

大阪 心斎橋 マタニティ鍼灸
肩こりや腰痛、むくみや冷え性は鍼灸で効果が認められている代表的な症状です。
妊娠中も同じように、肩こりや腰痛などが起こりますが、マタニティ鍼灸も同じような施術で良いのでしょうか?
妊娠中は、限られた期間で、つわりや吐き気、逆子やこむら返り、妊娠期特有の不調や悩みが出現してき、妊娠週数経過と共にお悩みが腰痛だったとしても日々身体の状態が変化していきますので、その時々に合わせたマタニティケア鍼灸の施術が必要になります。
また、マタニティ鍼灸では、妊婦さんのメンタリティも大きく関わってくるので、ボディコンディションでは、妊婦さんも落ち着くアロマセラピーや完全個室の他のお客様の来られない環境をご用意し、マタニティケアを行なっております。

妊娠中のマイナートラブルが軽減

肩こりや腰痛の他にも、妊娠中のつわりや逆子も WHO(世界保健機構)でも鍼灸の適応となっております。
妊娠中のマイナートラブルに対する鍼灸の施術効果は、非常に高い有用性を示すデータがございます。

マタニティケア鍼灸の安全性

従来のWHOのガイドライン(1999年)では妊娠中の鍼施術に制限もありましたが、最近では様々な医学研究において、妊娠中の鍼灸施術に有意な産科的副作用は認められない*ということが証明されています。
こうした医学的根拠をもとに、マタニティ鍼灸を学び安全にマタニティケアを行っています。

ボディコンディションの3つの特徴

①マタニティケア鍼灸師の資格を保有し、産前産後の症状に合わせた鍼灸施術が受けられる

妊娠中はストレスを感じると赤ちゃんの発育や出産にも影響するため、できるだけストレスを感じず過ごすことがママにも赤ちゃんにも大切です。
ボディコンディションでは、妊娠経過に伴い現れてくるホルモンバランス・姿勢の変化からくる肩こり、腰痛、つわり、冷え、むくみなどの不調を整えていきます。
妊娠中は、時期や心身の状態に合わせた適切なケアが必要になります。
マタニティケア専門の鍼灸院主催の講習へ定期的な参加をし、ご出産までの大切なお身体をお預かりするための準備を整えております。
マタニティ鍼灸は、通常の鍼灸施術よりお時間を長めにとっておりますのでゆったりとお過ごしください。

②妊婦さんのうつぶせまくらを利用した施術

大阪 心斎橋 マタニティ鍼灸

完全個室・完全予約制の落ち着いた空間で他のお客様を気にせずリラックスしてマタニティ鍼灸施術を受けていただけます。
多くの鍼灸院では、妊娠中(お腹が大きくなってから)の鍼灸施術は、横向きや仰向けで施術を行うことが多いです。
ボディコンディションでは、赤ちゃんの安全とママの快眠を叶えるまくら「天使のたまごのうつぶせまくら」を使用しておりますので、お腹が大きくなってきてもうつ伏せでの鍼灸施術が可能です。
うつ伏せになることで、骨盤の位置が高くなり無理なく背骨を伸ばせますので、腰痛の緩和にもオススメです。
また、腎臓などの内臓にいく血管を圧迫しないので、血流が保たれ妊娠中の高血圧が心配な方にもオススメです。
背骨の歪みを整え、血液循環を保つことで冷えやコリ、むくみや静脈瘤などの緩和、ママの血液循環が保たれることで赤ちゃんにも栄養や酸素が届きやすくなります。おっぱいの部分にも空間が相手おり、まっすぐ下にすることで、おっぱいのトラブルの解消や予防にも効果が期待できます。

③妊婦さんの心を落ち着かせるアロマセラピー

妊婦 アロマテラピー

妊娠中には、トリートメントやアロマバスなどで避けた方がいい精油(香りを少し楽しむぐらいなら問題ないです)もありますが、当サロンでは心を鎮める作用と高揚させる作用の両方を持っているベルガモットを使っております。
ベルガモットは、好き嫌いの別れにくい精油で個人的にも好きな匂いです。
柑橘系のすっきりした香りで、つわり中にもオススメです。(においを身体が受け付けない場合は使用は控えますのでおっしゃってください)
鎮静作用と高揚作用の両方をあわせ持ち心のバランスを整えてくれますので、妊娠中のような情緒が不安定なときにオススメです。イライラやストレスを落ち着かせて元気にしてくれます。また、消化器系の不調に改善にも効果が期待できます。

マタニティ鍼灸コース

妊娠中の「肩こり」「腰痛」「つわり」「むくみ」「倦怠感」「逆子」などのマイナートラブルを解決していくコースです。

マタニティ鍼灸トライアルコース

妊娠中に起こる様々な不調に対して鍼灸施術を行なっていく初めての方のコースです。

マタニティ鍼灸 約70分 7,000円(税込)
※お着替えなどを含めたお時間は、90分弱ぐらいになります。

マタニティ鍼灸コース

妊娠中に起こる様々な不調に対して鍼灸施術を行なっていく初めての方のコースです。

マタニティ鍼灸 約70分 9,000円(税込)
※お着替えなどを含めたお時間は、90分弱ぐらいになります。

※事前にお身体の状態やお悩みの症状についてお伺いしたいので、まずはLINEよりお問い合わせくださいませ。

“ライン予約”

お客様のご感想はこちら

美容鍼サロン ボディコンディションの口コミ・感想をもっと見る

妊娠中に多いお悩みについて

つわり(妊娠悪阻)

妊婦さんの約8割が経験しているといわれている「つわり」は、妊娠初期に起こる症状です。
妊娠により、ホルモン内分泌などの急激な変化・自律神経の乱れ・精神的・肉体的・体質的な因子が絡み合って起こる母体の適応不全症候群と考えられていますが、特効薬もなく詳しい原因などは分かっておりません。
つわりというと、一般的には吐き気や嘔吐のことだと思われていますが、食べづわり(空腹になると気持ち悪くなる)頭痛・匂いに敏感になること・いつも眠気がある・唾液が多くなる・食べ物の好みが変化することなどの症状も実はつわりに含まれます。
つわりは、妊娠初期の5週目ぐらいから始まり、7~9週ごろにピークがきて、12~16週ごろまで続くと言われています。
症状は、個人差が大きく、全くない方もいれば出産までずっと辛い方もいらっしゃいます。
施術では、お話をお伺いし、つわりに効果的な鍼灸を用いて吐き気や気持ち悪さを抑え、胃腸の働きを整えます。

肩こり

妊娠中は、女性ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが恥骨の靭帯を緩めることで身体の重心が変わり、姿勢も変化します。それにより、肩こりが起こりやすくなります。肩こりがひどくなってくると頭痛を感じてくる方もいらっしゃいます。
また、胎児の成長とともに姿勢もさらに変化していき、妊娠後期になると睡眠中の姿勢にも影響がでてき、それも肩こりの原因の一つになります。
妊娠中は何かと神経過敏になりやすく、そう鬱の状態を起こす場合もあります。精神的な変化は肩甲骨周りに負担をかけます。
肩こりに対して、当サロンでは鍼の施術をお勧めしています。
鍼は表層から深部までの筋肉のコリを全体的にほぐして行くことが可能です。

腰痛

妊娠期間中は、お腹が大きくなるとともに背中をそらす姿勢になり、腰に大きな負担をかけてしまいます。
さらに、運動不足による筋力の低下やホルモンによる靭帯の弛緩も加わり、痛みが出ることがあります。
腰痛といっても、腰の上部や下部、お尻のあたりなど、人によって痛む部位や痛み方は異なります。
妊娠中の腰痛では、まずこれ以上酷くしないことが大切です。
胎児の成長とともにお腹が大きくなったり、骨盤の不安定さなど、これから身体への負担は増えていくからです。
週数や症状に合わせて鍼の施術をしていきます。
妊娠中の腰痛は、骨盤のバランスが崩れて痛むことがほとんどですので、日頃から腰の負担を減らすため、骨盤ベルトを活用することが大切です。

お客様のご感想

マタニティ鍼灸コース

マタニティ鍼灸のご感想
妊娠により、腰から首が痛く辛い状態だったのですが、妊婦でもできる施術をおこなってくださり身体が楽になりました!
中でもお灸を使って身体を温めていたいただいたのはとても気持ちよくて寝てしまいそうでした。
施術前にもしっかりヒアリングしてくださり安心できました!!
また行きたいと思います。

マタニティ鍼灸コース

マタニティ鍼灸のご感想
なかなか無い、妊婦の鍼もやっているということで妊娠中から通っていました。
顔の鍼は顔全体的に電気を流すので、お顔も気持ちもスッキリします。
身体の筋肉のコリも一回でとてもスッキリしました。疲れが取れた!と、とても実感できました。